自力引っ越しと業者に頼むのはどちらがお得?

 

自力で引っ越す?それとも業者を使う?

引越しをするとき、平日にするか休日にするか、午前便と午後便のどちらを使うかなど、
実施する曜日や時間帯、季節などによっても全体の料金が変わってきます。

 

例えば、開始時間が決まっている午前便に対して、
午後便は時間指定が難しいため、午前便よりも午後便のほうが料金は安くなります。

 

ただし午後便は開始時間が曖昧であることから、
場合によっては深夜まで引越し作業が及んでしまうというデメリットがあります。

 

こういった豆知識を知っているかいないかで、引越し全体の費用や当日の流れが変わってきます。

 

自力で引越しする日程を決めるときに大変役立ちます。
一年間のなかでは、特に3月と12月は他の月に比べて、引越し料金が上がります。

 

なぜなら4月に新生活をスタートさせる人が多く、
前月にあたる3月は引越しが集中するため、値引き交渉が難しくなるためです。

 

年末にあたる12月も同様で、
他にも月末や月初め、土日や祝日も、引越し料金が割高になります。

 

スケジュールに余裕があれば、これらを踏まえながら、引越しの日程を決めていきましょう。

 

同じマンション内で引っ越す場合は業者に頼む?

 

同じマンション内の違う部屋へ引っ越すということは少なくないと思います。
この場合、引っ越し業者には依頼するべきなのでしょうか?

 

引っ越し業者というと、大きなトラックを使って運ぶイメージがありますね。
でも同じマンションないなら、トラックはいりませんから、引っ越し業者は対応してくれるのでしょか?

 

自力で引っ越しができるなら、それが一番いい気はします。
でも冷蔵庫やらタンスやらを自力で運ぶのは、ちょっと難しそう・・・。

 

さてそれではマンション内の引っ越し、どのようにしたらいいのでしょうか?

 

引っ越し業者はマンション内の引っ越しにも対応してくれる

 

引っ越し業者は、同じマンション内の、トラックを使わない引っ越しにも対応してくれます。
トラックを使わなければ、その分料金は安くなります。

 

ただピアノなどを吊り下げたりしないといけない場合もありますね。
そうなると、そのために費用は必要になってくるわけです。

 

一部の作業だけを依頼するのも一つの方法

 

引っ越し業者には、全ての荷物を運んでもらうことでなくてもOKです。
荷物の一部を運んでもらうようにすることもできるんですね。

 

たとえば小物などダンボールに梱包した荷物は、同じマンション内なら自分で運ぶこともできるでしょう。
自分で運ぶのが難しい冷蔵庫やタンスなどの大型家具・家電だけを業者に運んでもらうようにします。

 

そうすれば、引っ越し料金は節約できることになります。
まず「業者に何を運んでもらうのか」をリストアップするのがオススメです。