単身で遠距離の引っ越しの場合

単身で遠距離引っ越しならクロネコヤマトがお得かも

単身が、遠距離に引っ越しする場合、クロネコヤマトの引越しサービスも、
選択肢に入ってきます。
近距離ならば、引っ越し業者とそう料金は変わらないのですが、遠距離の場合は、
引っ越し業者や赤帽はもちろん、自力で引っ越すより、引っ越し料金が安くなることがあります。

 

クロネコヤマトの引越しサービス

 

クロネコヤマトの引越しサービスは、特に単身の引っ越しに重点を置いたサービスです。
「2M3BOX」と呼ばれる、1m×1m×1.7mのコンテナに荷物が入る場合を対象としていて、
単身の引っ越しなら、多くの場合、これに収まると思います。

 

サービスは通常の引っ越し業者と基本的に同じだと考えればよく、
ダンボールの梱包は自分でやる必要がありますが、家具などについては養生してくれ、
搬出と搬入まで全部やってくれます。

 

引っ越し料金は、荷物の量と距離によって変わってきますが、
近距離の場合は、引っ越し業者と同じくらい、赤帽よりは高くなります。

 

ただクロネコヤマトの引越しサービスは、荷物が届くのが、近距離であっても、
翌日となってしまいます。
ですから近距離の場合には、クロネコヤマトの引越しサービスは、
利用するメリットがあまりないと言えます。

 

遠距離になると割安になる

 

ところがクロネコヤマトの引越しサービスは、遠距離になると、俄然有利になってきます。
引っ越し業者の引っ越し料金は、基本的に荷物の量と、移動する距離とによって変わってきます。

 

荷物の量が増えれば、その分大きなトラックや、多くの作業員が必要となります。
また移動する距離が長くなれば、作業員の拘束時間も長くなりますし、
またガソリン代もかかってきます。

 

ですから引っ越し業者の引っ越し料金は、ものすごくざっくりといってしまえば、
「荷物が倍になれば料金も倍、距離が倍になれば料金も倍」
という、荷物と距離に比例するといってほぼ間違いありません。

 

これは赤帽も同様ですし、自力で引っ越しをする場合にも、遠距離になればそれだけ、
レンタカーを長く借りたり、ガソリンを多く使ったりすることになるわけですから、
基本的に同じだといえると思います。

 

ところが、クロネコヤマトは違うのです。
クロネコヤマトは、移動距離と料金が、全く比例しません。

 

例えば単身が近距離の引っ越しをする場合、例えば引っ越し業者に見積もりをしてもらうと
2万5千円だったとします。
この見積もりは、クロネコヤマトの場合にもおぼ同じになります。

 

これが、例えば東京から大阪などの遠距離になると、同じ荷物でも、
引越業者の料金は15万円くらいになります。
ところがクロネコヤマトの場合は、3万5千円。
圧倒的に安くなるのです。

 

また引っ越し荷物が届くのは、遠距離になると、クロネコヤマトはやはり翌日、
そして引っ越し業者の場合でも、多くは翌日に届くことになります。

 

ですから荷物の少ない単身が、遠距離を引っ越す場合、
クロネコヤマト引越しサービスの利用を検討し、見積もりを取ってみるのは
非常にオススメだといえると思います。