旧居と新居での作業の分担について

旧居と新居で手分けする

自力で引っ越しする際には、男性作業員を知人・友人からお願いすることになると思います。
もちろんタダでやってもらう訳にはいきませんから、そうたくさん頼むわけにはいきませんが、
可能であれば、旧居と新居に手分けできるようにしておくと、
作業は効率的にはかどります。

 

旧居と新居で人出を分ければ作業は効率的

 

旧居と新居に人手を分けられるようにしておけば、たとえば旧居で、荷物を運び出した後、
旧居は掃除する必要があります。
その場合、旧居に人を残して、残りが新居に移動すれば、新居での搬入を、
すぐに始めることができます。

 

ですからその際、作業できる人は、3人以上にしておくようにするのがオススメです。
最低でも2人は男性、残りの1人は女性でもかまいません。

 

旧居で女性を残し、掃除をしてもらって、男性2人が荷物と一緒に新居に移動するのが、
一番いいパターンだと思います。