メリットとデメリットのどちらが多い?

どんなメリットやデメリットがあるの?

自力の引っ越しの費用がどのくらいかかるかについて、紹介をしましたが、
それでは自力の引っ越しは、全体としてどのようなメリット・デメリットがあるのかを
ここで考えてみたいと思います。

 

自力で引っ越すメリットとデメリットは?

 

費用

まず費用についてですが、自力で引っ越せば、
たしかに引っ越し業者に依頼するより安く上がることがあると思います。

 

ただ万が一、荷物を破損してしまったり、家具にキズをつけてしまった場合には、
修繕費用がかかってきて、それを合わせると、
「引っ越し業者にたのんだほうが安かった・・・」
ということになる可能性もあります。

 

ですから費用については、自力での引っ越しは、メリットともデメリットとも言えないと思います。

 

日程の自由度

自力で引っ越しすれば、車と作業員が手配できれば、好きな日に引っ越しができます。
それに対して引っ越し業者にたのんだ場合は、特に3月前後の繁忙期には、
1ヶ月程度前から予約をしないと、希望の日に引っ越しができないことがあります。

 

ですから日程の自由度が高いということは、自力での引っ越しのメリットになると思います。

 

作業時間・作業量

引っ越し当日の作業にどれくらい時間がかかってくるかですが、
自力で引っ越しをした場合、搬入と搬出の時間は、なれない素人が作業した場合、
プロの作業員がやる場合より1.5〜2倍くらいの時間がかかってくると思います。

 

ですから業者を利用して、搬出と搬入に2時間程度かかるとすると、
自力で引っ越しをすると、それぞれに3〜4時間、かかってくることになります。

 

また引っ越し作業は、業者に頼めば自分は搬出・搬入の作業はする必要がありませんが、
自力での引っ越しは、自分で荷物を全部運ばなければなりません。

 

ですから、当たり前の話ではありますが、
作業時間が長くなり、作業量が増えることは、
自力で引っ越しする場合のデメリットになってくると思います。