自力引っ越しと業者に頼むのはどちらがお得?

自力引っ越しが安くなるのは本当か?

引っ越しを自力でやってしまおうと考えている人も少なくないと思います。

 

「引っ越し業者に頼むより、安く上がるだろう」
ということが、当然ながら理由ですよね。

 

そこでこのサイトでは、自力で引っ越すといくら位のコストがかかるのか、そしてそれは引っ越し屋より高いのか、安いのかを考えてみたいと思います。

 

またその他、自力引っ越しのメリットやデメリット、引っ越し一般についてのお役立ち情報も紹介していますので、参考にして頂けましたら幸いです。

 

自力で引っ越すといくらかかるのか?

 

それでは早速、自力で引っ越すといくら掛かるかを、試算してみたいと思います。
もちろんこれは概算になりますので、実際に自力で引っ越ししてみると、
これより高い場合も安い場合もあると思います。
あくまで「参考」としてもらえればと思います。

 

レンタカー代

まず引っ越しには、どうしても車が必要になります。
車なしには引っ越しは、あり得ませんね。

 

単身者の引っ越しなら、荷物もそれほど多くないでしょうから、
車は普通自動車のワンボックスでいいと思います。
家族で引っ越すのなら、最低でも2トントラックのロングが必要になりますね。

 

これを12時間レンタルしたとすると、
単身者なら7千円、
家族なら1万5千円
くらいがかかってくることになります。

 

その他に、もちろんガソリン代、高速代も必要です。
30km圏内の、比較的近距離だと考えるとすると、ガソリン代・高速代は、
単身者 3千円
家族 5千円
くらいだと考えられると思います。

 

ダンボール代

引っ越し荷物を入れるのに、ダンボールが必要になります。
ダンボールはスーパーなどでもらえば無料になりますが、
中古のダンボールは強度にやや不安があります。

 

そこで新品のダンボールを買ったとすると、単身の引っ越しには20箱、
家族で引っ越すなら50箱くらいが必要になると思います。

 

ダンボール1箱が200円だとすると、ダンボール代は、
単身 200円×20箱=4千円
家族 200円×50箱=1万円
ということになりますね。

 

ガムテープ代

梱包には、ガムテープが必要です。
単身者の場合なら、ガムテープは3巻き程度、家族なら5巻き程度が必要になってくると思います。

 

ガムテープは1つ300円くらいですから、ガムテープ代は、
単身 300円×3巻き=900円
家族 300円×5巻き=1,500円
となりますね。

 

養生シート代

引っ越し荷物を運ぶ時は、家具や家に傷を付けないようにしなければなりません。
そのためには養生シートが必要で、これはレンタルすることができます。

 

養生シートのレンタル代は、
単身 5千円
家族 1万円
くらいだと思います。

 

協力者への謝礼

それから引っ越しは、一人ではできません。
男性の作業員が、どうしても複数、必要になってくるんですね。

 

単身者の場合、自分が男性であれば、男性がもう一人、必要になってくると思います。
また家族の場合であれば、お父さんの他に3人くらいは、
男性作業員が必要になってくるでしょう。

 

この作業員は、友人や親戚に頼んで手伝ってもらうことになると思いますが、
引っ越しというかなりの重労働を、時間をかけて手伝ってもらうのですから、
きちんと謝礼を払う必要があります。

 

これは、
単身(1人) 1万円
家族(3人) 3万円
くらいは必要になるでしょう。

 

合計は?

以上が、自力で引っ越しをした場合にかかってくる費用になります。

 

合計すると、
単身 2万9900円
家族 7万1500円
ということになりますね。

 

自力と業者、引っ越しはどちらが安い?

 

さて自力の引っ越しにかかる費用が計算できたところで、
これを引っ越し業者にたのんだ場合の料金と、比較した見たいと思います。

 

引っ越し料金は業者によって、かなり大きく違います。
ただ30キロ圏内で、荷物の量も同じだと考えると、
単身 4万〜5万円
家族 8万〜10万円
くらいになるのではないかと思います。

 

ですからかなりざっくりとした計算ですが、自力で引っ越したほうが、
業者に頼むより安くなるとは言えそうですね。